‬ツーリングレポートBlog [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。

話題沸騰からひと段落していた NinjaH2関連の情報ですが、
Kawasakiの逆輸入車正規取扱業者である
Bright(ブライト)から価格と発売日がアナウンスされました。


Bright扱いのバイクは国内のkawasakiお店で保障やサポートが受けられるので
実質メーカー直販といったところ。
(反対に非正規代行業者の取扱は平行輸入車と呼ぶことが多いです)


 製品サイトはこちら。
無題



スペックシートも公開されていますね。
市販車の環境規制に合致させるためにかなりパワーダウンされている印象は受けますが、
それでも10Rと比べて4kgf・m程度トルクが太いパワフル仕様。
最高出力および最高トルク発生値が10000rpmになっているので、
おそらく高回転のパワーがECUかマフラーで抑制されていると思いますが、
このままの伸び方で14000rpmまで伸びれば
当然250から300馬力に近づいてくるものと思われ、
エンジンのポテンシャルとしては劣化していないことが想像できます。



気になる価格はなんと270万円。
Ducati 1199 Panigale R が327万円、MV AGSTA F4RRが307万円なので、
同クラスのプレミアムなスーパーバイク と比べるとむしろお買い得な印象すらあります。

工賃はおそらくKawasaki正規取扱店の標準が適用されるでしょうし、
ランニングコストも比較的リーズナブルになるのではないかと。




なまじ手が出てしまう価格帯だけに、購入を考えてしまいますねw 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット