‬ツーリングレポートBlog [Full Notch !]

最盛期は月間平均3000kmほど走ってた関東在住ライダーのツーリングBlog。

ツーリングレポートやKawasakiの話題を中心に書いていきます。

Ninja650(13)
→Ninja1000(14)
→Ninja650(17)
→Ninja250(17 WTE)
→Ninja1000 SX(20)と乗り継いでいます。



南関東は土曜日の夜に台風が上陸。
日が変わる前に抜け切ったので、翌日はところにより晴れ予報。
不安定な雨雲に巻き込まれないよう、進路を北へ向けて走ってきました。
IMG_4946
 


ルートはだいたいこんな感じ

 


出発は3:30ごろの予定だったのですが、目が覚めてしまったので2:30に変更。
ただし今日のルートは最初から山道なので、あまり早く動いても楽しめません。
普段ノンストップで行く距離ですが、新倉PA・上郷SAと休憩を挟み、上信越道は松井田妙義へ。
IMG_4777
 


まずはICの裏手、国道18号へ。
データ上では夜明けは4:35、到着は4:30なのでもっと明るくてもいいはずなのですが、山による夜明けの遅延と水平線の雲による遮蔽で、まだちょっと山に入るには早い明るさ。
IMG_4781
 



3度目の休憩としてコンビニでコーヒーブレイクを挟みます。
キャンディカラーのバイクはこういう条件で艶やかに光って綺麗ですね。
IMG_4782
 


15分ほど時間をつぶし、遠くの空がはっきりと明るくなってきたのを見計らって出発。
まずは県道33号を北上します。
IMG_4784
 


県道33号と県道216号の絡み合う地帯を抜け、増田川を渡って山へ入ります。
IMG_4789
 


時計はほぼ5:00となり、ちょうどライトがなくても走れるくらいの明るさになってきました。
路面はうっすら湿っていますが、走って跳ね上げるほどの水分はありません。
IMG_4792



安中市から高崎市、地域で言うと松井田から倉淵へ向かう峠。
見通しがやや悪いものの、ほどよくカーブを繰り返し、路面も綺麗な快走路です。
IMG_4795

 


しかしこう、夜の峠を走るたびに「照らしてほしいのはそこじゃない!」と思うのはカウル付きバイクの定め。
カーブの先を照らしてくれるコーナリングランプがほしいですね。
IMG_4796
 


榛名の山々の向こうから後光が差す頃、峠を越えて倉淵へ到着。
IMG_4798
 


突き当たりは国道406号、これを左折して引き続き北へ向かいます。
IMG_4804
 


この時間の交通量はゼロ。
広い国道をだらだらと流して走るのは快適そのもので、気温も真夏とは思えない18度前後。
ずっとこの状態が続くといいんですけど、明け方限定なんですよね。
IMG_4806
 


民宿の立ち並ぶ倉渕温泉を抜け、東吾妻町に入ります。
国道はなおも北へ。
IMG_4811
 


大戸で県道58号が右手に分岐。
ここから国道はぐいっと90度、西へ進路を変えます。
IMG_4824

 

八ッ場ダムのある吾妻峡・川原湯温泉とは山を挟んでお隣さん。
右折で分岐すればすぐ八ッ場ダムですが、今日はそちらには向かいません。
IMG_4828
 



赤いアーチの温川橋を渡ってさらに東。
IMG_4832
 


背中に見える太陽はちょうど高い位置にある雲と被ってしまい、なかなか朝日が差し込みません。
ここからもう一本山道なので、明るくなってくれることを期待してたのですが・・・
IMG_4838
 


北・西と走った国道は、温川の先でさらに北に折れ、須賀尾峠へアプローチします。
このあたりは6月に走りにきた道なので、今日は須賀尾峠にも向かわず。
IMG_4843
 


国道の脇から分岐する林道に入ります。
IMG_4844
 


入り口からいきなり、不穏な看板。
すわ通行止めか!と覚悟しましたが、3日後からの予告でした。
一週間ずらしていたら危なかったですね。
凍結の起こる年末まで工事で通行止めなので、実質今シーズンは店じまいという感じ。
IMG_4845

 


道の名前は林道万騎(まんき)線。
標高1281mの万騎峠を越える舗装林道です。
IMG_4862



鬱蒼とした森の中へ入り込んで、北へ曲がった国道を尻目に真西に向かっていきます。
もちろん、真西に向かうといっても九十九折りなので、実際の進路はあっちを向いたりこっちを向いたり。
枝葉が覆いかぶさっている影響なのか、はたまた降水量が多かったのか、ここにきて路面は全面的に湿った状態になります。
IMG_4846
 


東側の斜面は不安定なようで、落石や土砂崩れの痕がいくつも。
ここなんか、真新しい金網で細かい石が路面に出てこないようにせっかく保護されているのに、でかい石が直撃してべっこり。
IMG_4848
 


しかしまぁ、路面を見る限り、根本的な落石防止工事を行うほどには交通量がなさそうですね。
IMG_4851



地盤も悪い、道も悪い、視界も悪い、天気も悪い。
しかし良いものもあります。
沿道にたくさん咲く、特徴的な白い花が綺麗。
IMG_4871

 

まるで線香花火かのように、放射状に多段階に広がった特徴的な花。
名前はわかりませんが、調べる限りシシウド?
IMG_4872
 


峠の頂上には、入り口の看板とおなじく、これまた不穏な通行止め看板。
期限の記載が小さいから怖いんですよね・・・「予告」とか貼っておいてほしいw
ここに看板があるということは、17日以降もこちら側は通れるのかな?
IMG_4878
 


頂上に近くは、道の散らかり具合がさらにひどい。
濡れた落ち葉に茂るコケ、よく転がりそうな太い枝・・・。
IMG_4879
 


と、やがて 真新しいコーンとともに重機が置いてある現場を発見。
ここが通行止めになる原因の工事現場ですね。
IMG_4884




振り返って法面をよく見ると、ガードレールの根本が露出するほどガッツリとえぐれていました。
これは早めに措置しないと完全に路面がなくなるやつですね。
通行止めも致し方なし。
IMG_4885

 


工事区間の少し先は崩れた土砂が流れ出ているのか、工事の影響か、路面がとんでもない汚さ。
砂利道よりもアスファルトの上で石がよく転がる分たちが悪い!
ちょっとリアブレーキ踏むだけでゴリゴリゴリ・・・と空転してABSの動作する感覚。
どちらにせよ17日には通行止めで通れなくなりますが、通る人がいれば御用心。
IMG_4886
 



下り坂に入ってからの後半は、おおむね走りやすい道。
ちゃんと手入れされた杉林、日光が差し込んで乾いた綺麗な路面。
文明がここにある。
IMG_4890
 


途中にいくつか分岐がありますが、これまでその全てが未舗装路や閉鎖された林道でしたが、ここにきてやっと舗装路同士の分岐・・・というか、林道与喜屋赤宿線につきあたるので、これを左へ。
ちなみに「与喜屋」は何かの屋号ではなく地名です。
IMG_4893
 

与喜屋赤宿線沿道は万騎線よりずいぶんと人里。
いくつかの家屋や倉庫などを横目にみつつ、山を降りていきます。
IMG_4900
 


舗装もあくまで「林道程度」ですが、ずいぶんまともです。
IMG_4905

 

林道の終点からはそのまま走って国道146号へ突き当たり。
ここで時間は6:30、もうしっかり明るくなってきましたね。
IMG_4908

 

国道を南へ。
もう吾妻というよりは北軽井沢の界隈に近く、丘陵地帯に田畑が広がります。
IMG_4910
 



そのまま国道を南下して北軽井沢の中心部へ。
行き交う車がトラクターばかり。
でっかくて迫力があります。
IMG_4915
 


北軽井沢のコンビニで小休止を挟み、県道235号へ折れて西へ進みます。
西の空は晴れ間が見え始めていますね。
IMG_4918
 


連休最終日を惜しみ、帰り支度をしている人も多いであろう別荘地を抜けていきます。
IMG_4926
 


やがて左折「ここから農道」という何を伝えたいのかわからない看板を二連続で掲げるのは・・・
IMG_4928
 


つまごいパノラマラインの南ルートです。
IMG_4931
 


その名のとおり、おだやかな丘陵の向こうに稜線の連なる360度のパノラマの中を走ります。
晴れ間が出ているのは西側の空だけですが、他の方角も雲は高く、眺めは良し。
IMG_4935
 





大沢川を渡った先、交差点を左折すると次の目的地である高峰高原への道・・・ですが、景色がよさそうなので一度右折します。
IMG_4941
 



四阿山から緩やかにつながる斜面が折り重なり、まるで波のよう。
森林地帯と田園地帯がくっきり分かれていて、パッチワークみたいですね。
IMG_4943



さて、踵を返して南に転身。
このあたりは標高1100m程度、ですが、ここから一気に2000mの高峰高原、車坂峠へ。
IMG_4957
 


この道は先日走った湯の丸高原、地蔵峠の一本東の道。
ということで、チェリーパークラインのリベンジです。
ただし、チェリーパークラインは峠の南側のみの名称。
北側は特段愛称などのない道で、嬬恋村の村道、鳥居峠車坂線という扱い。
IMG_4959
 


しばらく続いた簡易舗装を走っていくと、ご覧の通り。
そう、車坂峠の北側は未舗装路です。
舗装の終端はこの地点
IMG_4961
 


基本的には平された砂利混じりのフラットダート。
手入れがしっかりされているようで、道路の中心には顕著な段差や雨の流れた跡はありません。
ちょっと注意が必要ですが、オンロードバイクでも普通に走れますし、オフロードなら快適に登っていけます。
IMG_4963

 

タイヤの太い‪Ninja1000SX‬は砂利の深いところに入るとお尻があらぬ方向に進んでいくので、極力土の上を走行。
もちろん普通に走れると言っても未舗装路、フロントブレーキを強く握ることはご法度ですし、リアブレーキだけで止まれる速度に抑える自制心も必要。
IMG_4967
 


それそのものは大したことのない道なのですが、6.6kmあり、14〜15個のヘアピンが待ち構えています
なので登りはともかく、車重のあるバイクで下りはちょっと怖いですね。
IMG_4973
 


写真を撮ったりしつつ、20分ほどかけて未舗装路を走り切りました。
IMG_4975
 


舗装区間に入ってからは、よくある簡易舗装で木々の間を抜けるほとんど平坦な道。
IMG_4978
 


広大なスキー場の敷地の前を通り抜けると・・・
IMG_4981



峠の頂にある、ビジターセンターです。
ここから池の平にあるコマクサ峠を経由して、湯の丸方面にも行けます。
・・・そっちも未舗装路なんですけどね。
IMG_4984
 


ビジターセンターにはカフェなどもあるようなのですが、残念ながら11:00からの営業。
現在時刻は7:30、今日はここには止まらず、そのままチェリーパークラインを下りましょう。
IMG_4988
 


チェリーパークラインは、現在小諸市の市道0106号線。
かつては有料道路だったらしい。(公的な記録があんまり出てこないですね)
標高2000mから一気に1000mほど下ります。
IMG_4998
 

基本的には林間を走る道路で、眺望が効くのは2〜3ヶ所のみ。
その中でも頂上付近のココは文句なしの絶景ポイントで、ちょうど小諸市の中心部越しに蓼科山がよく見えます。
IMG_5001
 


道路自体はヒルクライムレースが開催されることもある快走路で、10.5kmほどの片道峠です。
ターンパイクが16km弱あるのでそちらよりはやや短いのですが、直線区間が少ないのでボリュームとしては同じくらいの印象。
IMG_5010
 


カーブはごらんのとおり、走りやすいもののそれなりにRの小さいもの。
高低差もそこそこあります。
いろは坂とターンパイクの間くらいというのがわかりやすいかもしれませんね。
IMG_5012
 


舗装は完璧ではないですが十分に綺麗。
さすが元有料道路という感じです。
日塩もみじラインとかは有料時代から汚かったですけどもw
IMG_5016
 



下り切って、時間は8:00。
お盆の時期というのもありますが、対向車線には遅い車が結構な車列をなしており、やはり北からのアプローチにして正解でした。
景色はあまりないけれど線形が楽しい道、これで遅い車の後ろとか、来る意味がないですからね。
IMG_5020
 


かつての有料区間を終えたら、ほぼ直線で千曲川の川辺に降っていきます。
IMG_5026
 


上信越道をアンダーパスし、その先は国道18号。
IMG_5027
 


小諸市街を抜ける頃、時間は8:00。
ここからさらに東へ進路を向けます。
IMG_5033
 


途中通った県道40号の大久保橋が、新旧の橋揃い踏みでいい感じ。
桜の名所でもあるようです。
旧橋は主塔のみになってしまってますけどね。
IMG_5040
 


農道や県道をつないでしばらく東進し、南原交差点に到着。
ここから西に戻るのは、千曲川左岸広域農道、千曲ビューラインです。
時間は9:00前。
IMG_5063
 


広域農道の例にもれず、気持ちのいい眺望とおだやかなカーブ、ほどよい高低差が素敵な快走路。
ただし千曲川沿いを走るため、他の広域農道と比べて交通量が多めで、やや平坦です。
IMG_5066
 


上田市・立科町・東御市・小諸市を通過しますが、それぞれの自治体のキャッチフレーズが書かれているのが面白いですね。
まずは「緑と温泉の街」上田市。
IMG_5070
 



「緑といで湯とふれあいの里」東御市。
IMG_5086



「歴史と文化の街」小諸市。
ちなみに立科町は区間が短い上に丘越えと県道との重複区間しかなく、看板は発見できませんでした。
IMG_5093



小諸市山浦あたりの直線区間には、丘を降りる2段階の特徴的な坂もあります。
ここは写真映えしそうですねえ。
IMG_5090




小諸大橋を渡って千曲川の右岸に入りますが、千曲川左岸広域農道はまだ続きます。
名に偽りありですね!
IMG_5095




小諸大橋から眺める千曲川はなかなかの眺望。
橋の高さは川床から60mほどになるそう。
上流側には歩道とベンチもついていて、実際展望台としても機能しているんでしょうね。
下流側は車道から直接欄干ですが、「景色は車から降りずにご覧ください」と書いてありました。
・・・落ちた人いるんでしょうね。
IMG_5097

 

ビューラインはなおも市街地を抜けていきます。
この辺までくると農道感は全然なく、生活道路の一部という感じ。
IMG_5103
 


最後は国道141号につきあたって終了。
これにて筑摩ビューライン全線走行完了です。
IMG_5105
 



さて、時間は9:30、まだまだ先に進みます。
ここから南は中部横断道路の無料区間で八千穂高原ICまでひとっとび・・・できるのですが、それもつまらないので敢えて一般道を南へ走ります。
IMG_5107
 


走行距離が300kmを超えたので給油と水分補給もしつつ、国道を直走ります。
一般道を選んだといってもこのあたりは大部分でバイパス化が進んでおり、とても快適な走行。
IMG_5109
 



佐久穂に入って、道は徐々に標高を上げ始めます。
IMG_5117
 


佐久穂区間は片側1車線。
速度の一定しない車が前に来てしまったので、並行する県道2号にエスケープします。
こちらのほうが狭いし遅いんですが、広いところをメリハリなく不安定に走るよりは快適です。
IMG_5127
 


やがて小海町に入り、そのまま小海駅前へ。
IMG_5132
 



ゆったり走って10:00過ぎ、小海駅に到着です。
今日は駅には寄らず、駅前からの分岐路に入ります。
IMG_5133
 


県道2号は男岩をくぐった先で県道124号と重複し・・・
IMG_5135
 


千曲川の支流、相木川沿いに南東へ進んでいきます。
この先は国道124号がまっすぐ南へ進んで野辺山経由で北杜に至るのに対し、県道2号・県道106号・県道610号で馬越峠・信州峠を越えて南進しようとする算段。
IMG_5137
 


でしたが、なんと5/30〜8/31で全面通行止め。
うーん、冒頭で3日差の当たりを引いた反動か、半月差のはずれをひきました。
ここは9月にリベンジするとして、とりあえず続行して佐久海ノ口で国道に合流?佐久広瀬までいって元のルートに戻る?それとも全部国道で?などと逡巡し・・・
IMG_5139
 



とりあえず国道へ。
IMG_5142
 


国道141号ばかり走ってつまらないから馬越峠をと選んだのに、結局ここに吸い込まれます。
嫌いな道ではないんですけどねw
IMG_5146
 


残念ながら今日は大半トラックのお尻をみながらの走行。
幸いなことに高地ゆえ気温は20度、そこそこ晴れ間も出ていて、ダラダラ走行の苦痛度が低め。
沿道のマリーゴールドも綺麗に咲いています。
IMG_5151
 


やっとトラックから解放されたー!と下り坂。
IMG_5155
 


今度は軽自動車に捕まる。
ピンクの綺麗な花はサルスベリかな。
IMG_5160
 



時計は11:00を回り、お馴染み道の駅南きよさともほぼ満車の様相。
もう一個予定があるので、今日はここもスルー。
IMG_5169
 


道の駅を過ぎてまもなく、脇道にそれて須玉川を渡ります。
左岸の農道をつなぐように走り、東へ。
IMG_5176
 



茅ヶ岳広域農道明野に入ったら、まもなく北杜市明野町です。
IMG_5182
 


畑やビニールハウスの立ち並ぶ合間を抜けたら・・・
IMG_5184
 


対向車線にえらい渋滞が見えてきました。
明野サンフラワーフェス2022が開催中で、これを見に来てみたのですが、えらい入場渋滞のよう。
IMG_5190
 



2017年にやってきた時は、沿道含めて22面ものひまわり畑があり、駐車場に入れなくても離れたところで鑑賞できたらいいやと思って来たのですが、どうやら今年は7面ほどしかなく、開花中のものはそのうち5面だけ。
(もしかしたら密度が高いとか1面の面積が広いのかもしれません)
沿道から眺められないなら、これは駐車場列に並ばないと仕方ない、と脇道から迂回していたところ、無料の臨時駐車場を発見。
なるほど、ちょっと離れたところは無料で、並ばずに入れるんですね。
IMG_5193

 


と・・・
IMG_5206



いうことで・・・
IMG_5201



一面の・・・
IMG_5217



ひまわり!!!
IMG_5227



公式サイトでいう、手前が4番、奥が5番のひまわり畑ですね。
4番は今まさに満開という状況。
IMG_5243

 

5番の側はずいぶん種が重くなってきて、下を向き始めていました。
これはこれでシュールでいいですね。
IMG_5265
 


せくしーなうなじ。
IMG_5272
 


畑が道路からちょっと離れた位置にあり、バイクと並べて撮影することは叶いませんでしたが、自粛明けで3年ぶりのサンフラワーフェスが盛況のようでなにより。
駐車場が離れていたこともあり、売店まで行くとちょっと時間をオーバーしてしまいそうだったので、その分ゆっくりひまわりを眺めて帰路につきます。
IMG_5276
 


ルート変更とひまわり畑に長居した影響で時計は12:00を回り、ちょっと昼食に飲食店に寄るには厳しい時間。
SAのフードコートで済ませるか・・・と双葉SAのスマートICから中央道へ。
IMG_5309
 



残念ながら目論見は外れ、SAの食堂も激混み。
そりゃそうか、ということで、お昼は帰宅後に済ませることとしてまっすぐ帰宅。
この日の走行距離は険しい峠道に未舗装路、標高2000m、広域農道に高原道路までプラスして盛りだくさんの586.0kmでした。
IMG_5310
 


ODOは81277kmになりました。
IMG_5311
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット